<< HTMLに必要な環境 | Home | DOCTYPE >>

HTMLの基本構造

HTMLは、エレメントと言われる要素を元に表現する。
その要素(エレメント)には外すことの出来ない基本要素がある。
基本要素とその構造を下の図のようにしてみた。

HTMLの基本構造

図の「<html>」のように小なり「<」と大なり「>」で囲まれたのが、一般的に言われる「タグ」で、このタグには、例外もあるが開始タグと終了タグがある。
図中の「<html>」は開始タグにあたり、「</html>」は終了タグで「/」があることに注意。
この「<html>」から「</html>」を要素(エレメント)と言いこの例ではhtml要素という。
この要素の間に文章や画像、或いは他の要素などの情報を入れていく。

図中に出てくる要素は、HTML文章に最低限必要とされる要素である。
図のように基本構造は、「<!DOCTYPE>」の後にhtml要素で囲まれたhead要素、body要素があり、head要素内にはtitle要素がはいる。

<!DOCTYPE>はHTMLのバージョンを示す。
html要素でHTML文章であることを示す。
head要素は、HTML文章のタイトルを示すtitle要素の他に、その他文章に関する情報などが入るようになっている。
head要素の内容は基本的にブラウザでは表示されないが、title要素に書かれた文章はブラウザの左上(タイトルバー)に表示される。
body要素は、実際にブラウザで表示される部分で、ここに表示させたい文章などの情報を入れていく。

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Recent Entries


Categories


Archives


Profile


Valid XHTML 1.0 Transitional

Valid CSS!

Comments

Leave Comment










Trackbacks

Trackback URL

Recent Comments

Recent Trackbacks