<< スタイルシート(CSS)の適用 ID、クラス編 | Home | スタイルシート(CSS) フォントの指定「font-family」 >>

スタイルシート(CSS) 色の指定 color

colorプロパティは、文字色を指定するのに使います。

スタイルシートの適用のしかたで出てきた書き方の中に、次のように指定します。

{color: 色指定;}

色指定の部分では、数種類の指定方法があります。

・「#RRGGBB」のようにRGBを16進数で指定する。
#記号に続き、
R(赤)R(赤)G(緑)G(緑)B(青)B(青)
のようにRGBの各値を2桁ずつ16進数で指定します。

16進数は「0〜f」の16桁の数字とアルファベットで、0から始まり9の次から、abcdefと続く数字の表記方法です。

赤の場合は「#ff0000」となります。


・「#RGB」のようにRGBを16進数で指定する。
上記と違って#記号に続き、
R(赤)G(緑)B(青)
のようにRGBの各値を1桁ずつ16進数で指定します。

赤を指定する場合は、「#f00」となります。


・「rgb(0,0,0)」のように10進数で指定する。
rgbに続き、
(R(赤),G(緑),B(青))
のように()内にRGBをそれぞれ「,」で区切り「0〜255」の数字で指定します。

赤を指定する場合「rgb(255,0,0)」のように指定します。


・「rgb(0%,0%,0%)」のようにパーセントで指定する。
rgbに続き、
(R(赤)%,G(緑)%,B(青)%)
のように()内にRGBをそれぞれ「,」で区切り「0〜100」のパーセンテージで指定します。

赤を指定する場合「rgb(100%,0%,0%)」のように指定します。


・色名で指定する。
直接、色の名前を指定することが出来ますが、HTML4.01で定義されている16色が基本となります。

赤を指定する場合「red」となります。


このブログでは、最もよく使用されている1番最初の方法で解説していきます。


赤を指定する場合は、
{color:#ff0000;}
と指定します。

colorプロパティで注意したいのは、背景色と同じにならないようにすることです。

例えば、白の背景色に白い文字色を指定すると読むことが出来ない。

そのためcolorプロパティを指定するときは、背景色も指定しておいた方が良いでしょう。

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Recent Entries


Categories


Archives


Profile


Valid XHTML 1.0 Transitional

Valid CSS!

Comments

Leave Comment










Trackbacks

Trackback URL

Recent Comments

Recent Trackbacks